忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮城県で聞いた福島市民のお話

2011年10月24日
10月22日、23日に宮城県に行ってきました。
仙台空港の近くの田んぼには未だに船が転がっていました。
倒れている街灯とか瓦礫の山も沢山ありました。
広大な空き地が震災前は住宅密集地だったと聞いて驚きました。
(震災前の風景を知らないのでうまく想像できませんでしたが…)


仙台空港の写真。
「国内線」って書いてある看板のところまで津波がきたそうです。

仙台空港



以下、福島第一原発から60kmくらいのところにある福島市渡利地区に住んでる知人から聞いた話。

今のところ避難勧奨地域の指定はされていないけど、自宅敷地内で放射線量を測ってみたら暫定基準値を上回る24μSv/hという数値が出たそうです。

テレビでは「住民は避難勧奨地区に指定されることを望んでいる」みたいに報じられているけど、
渡利を離れたくないので除染して住み続けたいと思っている住民も彼を含めて大勢いるそうです。

「一部の市民団体が~」とか「賠償金欲しさに~」とか何とか言ってましたが、そこは割愛します。


自分達の事とか福島県の事とかを忘れられてしまうのが怖いと言っていました。





…全くもってまとまりのない文章で申し訳ないです。
見たことと聞いたことを忘れないうちに書いておこうと思ったらこんなになりました。





にほんブログ村 ファッションブログ Tシャツへ
にほんブログ村

 

オリジナルTシャツショップ アルシュ

http://www.arshu.net/

 

☆ツイッター☆

http://twitter.com/arshu117

 


☆ミクシィ☆
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23426078

拍手

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: