忍者ブログ

[PR]

2019年04月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tシャツ耐久試験 その7(最終回)

2009年09月12日
Tシャツの命は何と言っても首元のリブ。
この『首元のリブ』がどれだけ丈夫にできているかを調べるために、耐久試験をやってます。

ちなみにアルシュで使ってるのは首元が伸びにくいことで有名な『United Athle #5492』
というのTシャツです。

春から始めた耐久試験も、今回が7回目。 洗濯した回数は30回になりました。
いいかげん飽きてきたので十分なデータが確認できたので今回で最終回にします。

では『Tシャツの耐久試験 その7(最終回)』、ごゆっくりご覧ください。


Tシャツ耐久試験についての概要は「Tシャツの耐久試験 その1」をご覧下さい。
前回までの耐久試験の様子は以下をご覧下さい。
「Tシャツの耐久試験 その2」 (洗濯5回)
「Tシャツの耐久試験 その3」 (洗濯10回)
「Tシャツの耐久試験 その4」 (洗濯15回) ← 要チェックや!
「Tシャツの耐久試験 その5」 (洗濯20回)
「Tシャツの耐久試験 その6」 (洗濯25回)


とりあえずいつもの写真貼っておきます。  …まぁ、いつも同じ感じですけど、一応ね。



写真はクリックで拡大表示します


↓ 左が新品(未洗濯)の写真。           ↓ 右が30回洗濯した後の写真

新品の首周り(フロント) 30回洗濯した首周り(フロント)
↑↑↑ 首周り(フロント) ↑↑↑

新品の首周り(バック)30回洗濯した首周り(バック)
↑↑↑ 首周り(バック) ↑↑↑

★☆★☆ 首周りについて ★☆★☆
どうでしょう? 伸びてます?
私は 『伸びてない』なんて口が裂けても言えません\(;゜∇゜)/
でもまだギリギリ着れるレベルだと思います。

…ほんとですよ。



↓↓↓ プリント ↓↓↓   ■ 上:新品  /  ■ 下:30回洗濯後
30回洗濯したプリント 
★☆★☆ プリントについて ★☆★☆
生地の色が違うのは色落ちしたからです。 そう、Tシャツ本体の色は色落ちするんです!
でもプリント部分は新品同様なんですねぇ~♪ 私、いい仕事してます(自画自賛)




↓↓↓ 生地(Tシャツ本体) ↓↓↓   ■ 下:新品  /  ■ 上:30回洗濯後
30回洗濯した生地 30回洗濯した生地
★☆★☆ サイズについて ★☆★☆
左の写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、下に隠れてるのが新品のTシャツで、
その上に乗っかってるのが30回洗濯したTシャツです。

右の写真だと縮み具合が分かりやすいですね。

どんだけ縮んどんねん!? ってくらい縮んでます。


アルシュで使ってる『United Athle #5492』というTシャツの寸法は以下の通り。

■ のカタログに記載されている寸法(Mサイズ)
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 新品のTシャツの寸法(実際に測った数値)
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 15回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

■ 20回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

■ 30回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:63cm  /  身幅:50cm


20回洗濯した後の測定値より更に縮んでますが、たぶん誤差です。
それにしても新品と比べると面白いほど分かりやすく縮んでますね^^;

縮んでることに気付いたのが15回洗濯した後だったので、これは私の憶測ですが
木綿のTシャツは1回洗濯したら2~3cm縮むものなのかもしれません。
で、その後はほとんど縮まないと思います。

という訳で、ご注文の際は2~3cm縮むことを念頭においてサイズをお選びください。




↓↓↓ 首の後ろのところについてるタグ ↓↓↓   ■ 左上:新品  /  ■ 右下:30回洗濯後
タグが劣化!
クリックで拡大します

25回洗った時点では『まだらハゲ』風の醜いタグだったんですが、
30回洗った今回のタグは潔く完全にハゲて、むしろ爽やかな感じになってました。

…この写真、首のところがやけにヨレヨレだなぁ。


■ 店長の感想 ■

さすがに30回着用&洗濯すると首元は伸びます。
で、首元だけじゃなくてTシャツそのものがヘタった感じになります。
店長主観で言うと「頑張ればもうちょっと着れるかな?」くらいの感じです。
本当はもうちょっと丈夫だと思ってたんですが、まぁこんなもんでしょう。

30回洗濯したと言うことは、30回着たという事なんですが、週2回ペースで着たとすると15週で30回。
15週間=105日間=3ヶ月半≒ひと夏。
週2ペースでひと夏OK! 週1ペースなら来年もOK!! 2週に1回ペースで着ればさらに翌年もOK!

アルシュのTシャツがボロボロのヘロヘロになるまで着ていただければ私は幸せです!



さ、次は何のテストしようかな♪

拍手

PR

Tシャツ耐久試験 その6

2009年07月22日
Tシャツの命は何と言っても首元のリブ。
この『首元のリブ』がどれだけ丈夫にできているかを調べるために、耐久試験をやってます。
25回目の「着用⇒洗濯」が終わったので報告します。


Tシャツ耐久試験についての概要は「Tシャツの耐久試験 その1」をご覧下さい。
前回までの耐久試験の様子は以下をご覧下さい。
「Tシャツの耐久試験 その2」 (洗濯5回)
「Tシャツの耐久試験 その3」 (洗濯10回)
「Tシャツの耐久試験 その4」 (洗濯15回) ← 要チェックや!
「Tシャツの耐久試験 その5」 (洗濯20回)


とりあえずいつもの写真貼っておきますね。

デジカメの調子が悪かったので、今回の分の写真はよく見るとなんか変ですが気にしないで下さい。

写真はクリックで拡大表示します


↓ 左が新品(未洗濯)の写真。           ↓ 右が25回洗濯した後の写真

新品の首周り(フロント) 25回洗濯した首周り(フロント)
↑↑↑ 首周り(フロント) ↑↑↑

新品の首周り(バック)25回洗濯した首周り(バック)
↑↑↑ 首周り(バック) ↑↑↑

新品のプリント25回洗濯したプリント
↑↑↑ プリント ↑↑↑

新品の生地25回洗濯した生地
↑↑↑ 生地(Tシャツ本体) ↑↑↑


★☆★☆ サイズについて ★☆★☆
アルシュで使ってる『United Athle #5492』というTシャツの寸法は以下の通り。

■ のカタログに記載されている寸法
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 新品のTシャツの寸法(実際に測った数値)
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 15回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

■ 20回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

新品と比べると縮んでますが、前々回の測定値と比べると全く縮んでません。

サイズが縮んでることに気づいたのは既に15回洗濯した後だったので、
断定はできませんが、たぶん一般的な木綿の生地と同様に1回目の洗濯で
縮んで、それ以降は縮むことも伸びることもないんだと思います。

ご注文の際は2~3cm縮むことを念頭においてサイズをお選びください。



20回洗った時点でかなり劣化してることに気づいた『首の後ろのタグ』ですが
今回も確認して見ると『コレ古着?』ってくらい見事にハゲてました。

↓↓↓ 首の後ろのところについてるタグ(25回洗濯後) ↓↓↓
タグが劣化!
クリックで拡大します


■ 店長の感想 ■

さすがに25回も洗濯するとヘタってきた感じがしないでもないですねぇ。
新品の頃は『まぶしいくらいのブルー』だったボディが今では『明るい水色』
って感じに色落ちしちゃってます。

生地自体も若干毛羽立ってきてるような・・・
アイロン掛けてないからそんな風に見えてるだけのような・・・

とは言っても全然普通に着て歩けるレベルだと思います。

てゆうか、今日も着てるし。
26回目の「着用⇒洗濯」のために・・・

拍手

Tシャツ耐久試験 その5

2009年06月04日
Tシャツの命は何と言っても首元のリブ。
この『首元のリブ』がどれだけ丈夫にできているかを調べるために、耐久試験をやってます。
20回目の「着用⇒洗濯」が終わったので報告します。

Tシャツ耐久試験についての概要は「Tシャツの耐久試験 その1」をご覧下さい。
前回までの耐久試験の様子は以下をご覧下さい。
「Tシャツの耐久試験 その2」 (洗濯5回)
「Tシャツの耐久試験 その3」 (洗濯10回)
「Tシャツの耐久試験 その4」 (洗濯15回) ← 要チェックや!


とりあえずいつもの写真貼っておきますね。
写真はクリックで拡大表示します

↓ 左が新品(未洗濯)の写真。           ↓ 右が20回洗濯した後の写真

新品の首周り(フロント) 20回洗濯した首周り(フロント)
↑↑↑ 首周り(フロント) ↑↑↑

新品の首周り(バック)20回洗濯した首周り(バック)
↑↑↑ 首周り(バック) ↑↑↑

新品のプリント20回洗濯したプリント
↑↑↑ プリント ↑↑↑

新品の生地20回洗濯した生地
↑↑↑ 生地(Tシャツ本体) ↑↑↑


★☆★☆ サイズについて ★☆★☆
アルシュで使ってる『United Athle #5492』というTシャツの寸法は以下の通り。

■ のカタログに記載されている寸法
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 新品のTシャツの寸法(実際に測った数値)
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 15回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

■ 20回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm

新品と比べると縮んでますが、前回の測定値と比べると全く縮んでません。



首のリブは間違いなく新品のときより伸びてるんですが、店長的には問題なく
着用できるレベルなんじゃないかと思います。
もちろんビロビロって感じゃありません。
生地全般とプリント部分は変化なし。

今回新たに気付いたのは 「首の後ろのタグの劣化」 です。
『United Athle』って書いてあるオレンジ色の部分が剥がれてました。
「偽ブランドかいっ!!」ってつっこみたくなるほど見事にボロボロになってますね。

↓↓↓ 首の後ろのところについてるタグ(20回洗濯後) ↓↓↓
タグが劣化!
クリックで拡大します


■ 店長の感想 ■

リブ → 伸びてるけど着てる分には問題なし。
プリント → 異常なし。
生地 → 前回の状態から変化なし(色落ち&縮みは進行していない)

今回の写真はなんだか暗いですね。
・・・てゆうか、タグを付け替えてるブランドさんが羨ましい。


---------------------------------------------------------------------------------------------
途中経過をアップしました

 
Tシャツの耐久試験 その2 09.03.24
 Tシャツの耐久試験 その3 09.04.24
 ■Tシャツの耐久試験 その4 09.05.13
 ■Tシャツの耐久試験 その5 09.06.04
 ■Tシャツの耐久試験 その6 09.07.22
---------------------------------------------------------------------------------------------

拍手

Tシャツの耐久試験 その4

2009年05月13日
Tシャツの命は何と言っても首元のリブ。
この『首元のリブ』がどれだけ丈夫にできているかを調べるために、耐久試験をやってます。
15回目の「着用⇒洗濯」が終わったのですが、驚愕の事実が発覚しましたので報告します。

Tシャツ耐久試験についての概要は「Tシャツの耐久試験 その1」をご覧下さい。
前回までの耐久試験の様子は以下をご覧下さい。
「Tシャツの耐久試験 その2」 (洗濯5回)
「Tシャツの耐久試験 その3」 (洗濯10回)

---------------------------------------------------------------------------------------------
途中経過をアップしました

 
Tシャツの耐久試験 その2 09.03.24
 Tシャツの耐久試験 その3 09.04.24
 ■Tシャツの耐久試験 その4 09.05.13
 ■Tシャツの耐久試験 その5 09.06.04
 ■Tシャツの耐久試験 その6 09.07.22
---------------------------------------------------------------------------------------------




とりあえずいつもの写真貼っておきますね。

↓ 左が新品(未洗濯)の写真。           ↓ 右が15回洗濯した後の写真

新品の首周り(フロント) 15回洗濯した首周り(フロント)
↑↑↑ 首周り(フロント) ↑↑↑

新品の首周り(バック)15回洗濯した首周り(バック)
↑↑↑ 首周り(バック) ↑↑↑


首まわりのリブ
クリックで拡大します

新品は首元のリブが締まっていて、15回洗濯した方はリブが緩んでます。
が、実際に着てみるとビロビロになってる感じはしません。
頭を通すときにリブを「グイ」っと押し広げる感じがしますので、まだ大丈夫だと思います。

ではここから驚愕の事実の報告です。

前回の報告(「Tシャツの耐久試験 その3」)までは新品のTシャツと洗濯後のTシャツが
ほとんど同じように見えていたのですが、最近になって“ある”違和感を感じまして
Tシャツのサイズを測定してみたら・・・

なんと!縮んでました。
もしかしたらもっと前から縮んでたのかもしれませんが、「首元のリブ」が伸びない事を
確認するのが目的だったので、縮んでることには全く気が付きませんでした。
が、どうみても縮んでます。

どっちもMサイズ
↑↑↑  どっちもMサイズ。下が新品、上が15回洗濯後 ↑↑↑

結構縮んでます
↑↑↑ Tシャツの裾(スソ)の部分 Tシャツの色にも注目 ↑↑↑

アルシュで使ってる『United Athle #5492』というTシャツの寸法は以下の通り。

■ のカタログに記載されている寸法
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 新品のTシャツの寸法(実際に測った数値)
着丈:68cm  /  身幅:52cm

■ 15回洗濯した後の寸法(実際に測った数値)
着丈:65cm  /  身幅:50cm


新品と洗濯後を比べると、着丈は3cm、身幅は2cm縮んでますね。
カタログによると#5492の選択後の縮率は着丈0.4%、身幅3.0%だそうですが
15回洗濯した後の縮率は着丈4.4%、身幅3.9%でした。
着丈縮み過ぎですね。カタログ値の10倍縮んでますよ、コレ。

物干し場は室内だし、乾燥機なんて使ってないし、なんでこんなに縮むのか・・・?



更にもう1つ驚愕の事実がありまして、どうもTシャツの色が薄くなってるんです。
上の縮んでる写真でも分かるかと思いますが、明らかに色が薄くなってます。

↓↓↓ 下(左)が新品、上(右)が15回洗濯後 ↓↓↓
プリント部分
クリックで拡大します

色が違うの分かります? ちょっと分かりにくいですか?
よく考えたら同じTをシャツ2枚買ったりしたことが無いので、BODYの色落ちなんて
気付いたことがありませんでした。普通こんなに変るもんなんですかね?

そういえば前回から写真の色が違ってましたね。
写真の撮り方の問題かと思ってましたが、色落ちだったとは・・・。

ちなみにプリント部分は新品同様、全く劣化していません!


■ 店長の感想 ■

リブ → 伸びてるけど着てる分には問題なし。
プリント → 異常なし。
生地 → 縮んでる。 色が薄くなってる。

縮み&色落ちには正直かなりのショックを受けています。
サイズ選びの際は、縮む事も考慮してください。

拍手

Tシャツの耐久試験 その3

2009年04月24日
Tシャツの命は何と言っても首元のリブ。
この『首元のリブ』がどれだけ丈夫にできているかを調べるために、耐久試験をやってます。
とりあえず10回目の「着用⇒洗濯」が終わったので、途中経過を報告します。

Tシャツ耐久試験についての概要は「Tシャツの耐久試験 その1」をご覧下さい。
前回の耐久試験の様子は「Tシャツの耐久試験 その2」をご覧下さい。

写真をクリックすると大きく表示されます。



↓ 左が新品(未洗濯)の写真。       ↓ 右が10回洗濯した後の写真

新品の首周り(フロント) 10回洗濯した首周り(フロント)
↑↑↑ 首周り(フロント) ↑↑↑

新品の首周り(バック)10回洗濯した首周り(バック)
↑↑↑ 首周り(バック) ↑↑↑

新品のプリント10回洗濯したプリント
↑↑↑ プリント ↑↑↑

新品の生地10回洗濯した生地
↑↑↑ 生地(Tシャツ本体) ↑↑↑



■ 店長の感想 ■

リブ → 伸びなし。
プリント → 異常なし。
生地 → 変化なし。 相変わらず洗いざらしだとシワっぽい。

色が違って見えるのは写真の写し方が下手だからです。

変化が無さ過ぎて面白味に欠けますね。
あ、変化といえば、いつの間にかリブの下(アゴの辺り)に
マジックが“ツン”と当たったみたいな汚れが付いてました。

Tシャツ着てれば汚れもつくさ。

---------------------------------------------------------------------------------------------
途中経過をアップしました

 
Tシャツの耐久試験 その2 09.03.24
 Tシャツの耐久試験 その3 09.04.24
 ■Tシャツの耐久試験 その4 09.05.13
 ■Tシャツの耐久試験 その5 09.06.04
 ■Tシャツの耐久試験 その6 09.07.22
---------------------------------------------------------------------------------------------

拍手

 | HOME | 次のページ »